【就活生向け】みなし残業から基本給をあぶり出すための係数表

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
竜桜
竜桜

定期的にみなし残業や固定残業代を乗せて給料を高く見せかける会社が出てくるらしいので…。

みなし残業から、基本給をあぶり出すための係数表を作成しました。
基本給が低い場合、それに付随して計算される残業代やボーナスも低くなる点にご注意ください。

スポンサーリンク

係数表

提示された月給に、次の係数を掛けることで基本給の概算を計算できます。
係数を計算するにあたっては、所定労働時間を176時間/月(8時間/日かつ22日/月)としています。

例えば提示された月給が20万円でみなし残業が20時間/月の場合、係数は0.875となりますので、基本給はおよそ17万5000円となります。

みなし残業(時間/月)係数(小数第4位を切り捨て)
01.000
10.992
20.985
30.979
40.972
50.965
60.959
70.952
80.946
90.939
100.933
110.927
120.921
130.915
140.909
150.903
160.897
170.892
180.886
190.881
200.875
210.870
220.864
230.859
240.854
250.849
260.844
270.839
280.834
290.829
300.824
310.819
320.814
330.810
340.805
350.800
360.796
370.791
380.787
390.783
400.778
410.774
420.770
430.766
440.761
450.757
460.753
470.749
480.745
490.741
500.737
510.734
520.730
530.726
540.722
550.719
560.715
570.711
580.708
590.704
600.701
竜桜
竜桜

みなし残業が60時間/月を超える会社はブラック企業である可能性が濃厚であるため、計算していません。

というのもありますが、残業代の計算が複雑になるので60時間で切っています。
でも毎月60時間も残業させるところがまともとは思えませんので、そのような会社からは逃げるべきかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
経済
お読みいただきありがとうございました。よろしければシェアお願いします。
竜桜をフォローする
どらごんさくら

コメント

タイトルとURLをコピーしました