サポート期限を15年近く超過したOSを使ってるレンタルサーバー会社があった

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
竜桜
竜桜

冗談抜きであり得ないと思うのですが、いったいなぜと……。

先日IIS6.0のWebサーバーを令和にもなって運用しているHP制作会社があったのですが、ふと思ってその会社が提供しているレンタルサーバーを見たところ、もっとひどい様子を見てしまいました。

スポンサーリンク

細かいところは突っ込まない…

竜桜
竜桜

元のページの記載とは違うように見えますが、100MB/1000円だそうで…。

ParkWebレンタルサーバーのHP(park.ruru.ne.jp)

創業1997年6月ということで老舗なようですが、どうやらその頃から全く設備を更新していないようでかなりひどい状態になっています。

100MB/1000円という値付けはもう突っ込みませんが、ここでホストされているWebサーバーがあまりにもヤバすぎるものでした。

現時点で動いているWebサーバーがIIS4.0( ゚Д゚)

竜桜
竜桜

何かと見間違えたのかと思ったのですが、間違いなくIIS4.0でした。

Server: Microsoft-IIS/4.0

竜桜自身の目が節穴でなければという前提がありますが、顧客のHPが乗っているWebサーバーがなんとIIS4.0でした。
IIS4.0ということはOption Pack入りのWindows NT 4.0が動いていることになります。23年前の1996年8月24日にリリースされ、15年前の2004年12月31日に延長サポートが終了しています。

つまり、創業当時最新鋭であったWindows NT 4.0を入れたはいいものの、そのままサーバーを更新できずに延長サポートが切れて15年が経過した現在でもインターネットにサーバーを公開している状態になります。

当然のことながら、延長サポートが終了したOSやソフトウェアに更新プログラムが配布されることは原則としてありません。

竜桜
竜桜

奇跡的に脆弱性を突かれていないようですが、このサーバーでは普通にASP.NETが動作しています…。

現状はなんとか持っているのかもしれませんが、いつ脆弱性を突かれてサーバーを踏み台にされたとしてもおかしくない状態です。

不思議なことなんですが…

適切に保守すれば20年以上サーバーは持つものなのでしょうか。
ハードウェアとしての寿命、私、気になります…!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
セキュリティ
お読みいただきありがとうございました。よろしければシェアお願いします。
竜桜をフォローする
どらごんさくら

コメント

タイトルとURLをコピーしました