不必要な情報公開はリスクでしかない~法律はあなたを直接的に守ってくれない~

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

深くは言わないですが、この記事を読みに来ていることはお分かりですよね。

それに関連して、次のようなツイートがありました。

このブログを開設して初めての記事になるわけですが、今回はこれをテーマにしていきます。

スポンサーリンク

不必要な情報公開はリスクでしかない

スタートアップや大企業の社長、重役や広報、芸能人や著名人など、名前を公開することでそれが商業につながる目的であれば積極的に公開するべきでしょう。
ですが、9割方の一般人にとってそのようなことは一切必要ありません。ただリスクを増やすだけです。

一般人であれば、どんな人にでも当てはまる

学生や社会人など、様々な職業や立場があると思います。
そのような立場に関わらず、一般人が情報を媒体問わず不特定多数に公開するメリットはまったくもってありません。

在籍している会社も隠すべき

あなたがよほどその会社の顔であるような存在でない限りは、在籍している会社も秘匿すべきでしょう。
あなた自身、もしくは組織に何らかの怨恨があった場合に、思いもよらず襲われることがあります。

あなた自身に何らかの怨恨があった場合、在籍する会社に放火する危険性も考えられるからです。脅迫メールが送られるかもしれません。
逆に会社に怨恨があった場合、あなた自身が外出中に襲われる危険性があります。

もし大量のガソリンを社屋に撒かれ火をつけられれば、逃げるのは非常に困難です。

また、一般の建造物はそもそも大量のガソリンを撒かれて放火されるような状況下での放火を想定していません。したがって、ごく一部の特殊な環境を除き、防火設備で対処するようなことも現実的に不可能です。

炎上商法は非常に高いリスクを伴います

一部で炎上商法が見受けられますが、そのような方法に関しては非常に高いリスクを伴います。
炎上商法であるということは、当然怨恨が溜まることになりますので何をされてもおかしくありません。賢明な意識があればやめましょう。

法律はあなたを直接的に守ってくれない

普段あなたが生活しているにあたって、安心して生活できるのは法律があり、なおかつ日本が法治国家であるからです。一般的な人は刑罰を受けたくないことから、当然法律を守る行動をします。
したがって、普通に生活している限りは突然道端で襲われたり、銃で撃たれたりといったことがないわけです。
(あなた自身にバリアがあるわけではないのですが、当然他人に危害を加えれば法律により罰せられますので、法律はあなたを間接的に守っていることになります)

法律が効かない人がいる

しかし残念ながら、この法律が効かない人が稀にいます。
何の信頼も名誉もなく、なおかつ人生のお先が真っ暗なようなケースの場合、何も失うものがありません1)いわゆる無敵の人です
したがって、法律で縛ろうとしてもそのリスクを覚悟の上で自爆特攻してくるため、法治国家である以上は止めようがありません。

要人に厳重な警護がついているのは、このような自爆特攻をしてくるような人から保護するためです。

もしこのような人たちに狙われてしまった場合、対処は非常に困難です。
例えば殺人罪が規定されていたとしても、人を物理的に刺し殺すことは可能です。

たとえ厳罰、極刑を下したとしても、その犯人はそういったことをものともしないため効き目がありません。
また悲しいことですが、いくら厳罰を下したとしても一度失われた命が戻ることはありません。

現状では狙われる確率を下げることしかできない

残念ながら、こうした人たちを事前に押さえつけるのは困難です。
そうした兆候があっても、現時点では完全に対処することができません。

したがって、現実的にはこのような人に狙われるリスクを排除し、自衛するほかありません。
繰り返しますが、法律はあなたを直接的に守ってくれることはありません。被害を防ぐには自衛が必要です。

この記事書いていて個人的に感じることですが、やたらと背後が気になるようになりました。
また、建造物の非常口を複数箇所確認する癖もつきました。

一生のうちにこのような事態には遭遇したくないですし、そのような事態を防ぐために常日頃から意識をしておくのは無駄ではないと思います。その知識が活きないことを祈りたいですが、その時が来てしまったら仕方ないのかもしれません2)通り魔に関しては完全に運としか言いようがありませんし、そのようなことに一生のうちに遭遇しないことを祈るほかありません

References   [ + ]

1. いわゆる無敵の人です
2. 通り魔に関しては完全に運としか言いようがありませんし、そのようなことに一生のうちに遭遇しないことを祈るほかありません
スポンサーリンク
スポンサーリンク
未分類
お読みいただきありがとうございました。よろしければシェアお願いします。
竜桜をフォローする
どらごんさくら

コメント

タイトルとURLをコピーしました